本文へ移動

紙管

巻いて/包んで/支える 紙スパイラル

自社製造 「Made in Japan」 原材料から国産

 名称
 
 (別名)
紙管
 
ペーパーチューブ 巻き芯 スパイラル紙管
製造方法
紙管は古紙を原料とした再生紙である原紙をスパイラル状に巻きつける製法でつくった筒状の製品です。スパイラル紙管ともいいます。
メリット
環境にやさしい 軽量ながら強力で耐久性のある製品。あらゆる材料を巻くための優れたソリューション・輸送の利便性 紙管(コア)は、製品の見栄えを維持するのに役立ちます。
緩衝性・安価・高精度・高強度
用途に応じて仕様変更可能

紙管が選ばれる理由 最強

リサイクル性
「紙管」
環境にも優しい。プラスチックに比べリサイクル性に優れている
コストメリット
「紙管」
コスト面も塩ビ管に比べて安価
自由性
「紙管」
サイズ~柔軟~強度~加工までオーダーメイド
切断・接着・加工の自由性
簡単
「紙管」
軽くて丈夫が基本です。塩ビ管に比べ軽量かつ取り扱いが簡単
0
1
1
1
4
5
TOPへ戻る