本文へ移動

会社概要

当社の製造工場  「紙アングル」「紙管」など製造しております

社長あいさつ

「all win」のスパイラルを生む

紙加工業として約60年事業を続けており
創業以来、自社製造により培った技術力で、時代変化の先にいる会社を目指しております。
ニーズ変化を「予測」し「対応」できる会社。それが当社のモットーです。
約60年間、頂いた「実績の信用」を「未来の信頼」へ繋げ、さらに早く、もっと深く、
お客様へ寄り添える為に、挑戦しています。
これからもお客様のお客様。その先までも考え、ベストパートナーと思っていただけるよう、
絶えず創造する会社であり続けます。 
 
平田紙管株式会社
代表取締役 平田浩三

会社概要

会社名
平田紙管 株式会社
所在地
〒721-0952 広島県 福山市曙町2丁目4-32
電話番号
084-954-5555
FAX番号
084-954-5876
代表者
代表取締役社長 平田浩三
設立年月日
昭和37年1月
従業員数
 15名
業務内容
紙管、タフボード・エッジボード(角アテ)、サイドキャップ、ボビン等の製造販売
加盟団体
全国紙管工業組合 福山商工会議所
取引銀行
中国銀行 もみじ銀行

沿革

昭和35年

前社長 平田敏彦個人にて福山市旭町に於いて紙管製造開始

昭和37年
法人組織変更、平田紙管株式会社取締役社長に平田敏彦就任 資本金200万円
昭和38年
福山市沖野上町に本社、工場新築移転
昭和41年

福山市新浜町に第二工場新設 資本金400万円に増資

昭和43年
糸巻き用ボビン製造開始
昭和46年
タフボード・アングル(角アテ)製造開始
昭和47年
フィルム用梱包材、サイドキャップ開発・製造開始
 昭和58年
パイプ端縁部の保護方法、特許第1134726号取得
 昭和63年
福山市曙町に本社工場新築移転、福山市新涯町に第二工場新設
平成3年
巻管端縁部の保護用側当材、実用新案第1857955号取得 資本金1000万円に増資
平成5年
本社工場増設
平成14年
平田浩三が代表取締役社長に就任
令和1年
フルカバータイプのエッジボード(角アテ)製造開始

交通アクセス

TOPへ戻る